「環」システム部会  実践 栽培 (09/5/16)

先に耕された畑地に新たにクワをいれ「代かきうね作り」とサツマイモの苗付け

苗の植え付けされた実験畑に、液肥をさらに散布

実施日時 平成21年5月16日(土) 9:00AM〜
作業場所 太田様畑
出席者 四家社長、大竹社長、伊藤社長、塚田 氏、 石上 徹 氏、植松亜希子氏、高瀬(記録)

「環」システム部会では、食の安全安心、資源の有効活用、を目的に部会活動するべく、 獺郷地区に有機農法を協力頂ける農家(大田様)で、今回試験田として1反を借用し、 各種野菜を栽培することになりました。
参加者はめいめい朝9時に慶応大学バスターミナル横に集合し、 太田様方試験田へ向かった。20年間使用してない畑地は既に四家社長により、耕されており、苗付けを待つ準備が出来ておりました。所有者の太田さんも出てこられ、紹介頂き、いよいよ苗付けです。 一方、伊藤さんと高瀬は、作業に必用な道具を入れるロッカーの組立から始めました。


一仕事を終えてみんなで休憩

四家社長の左側に有るのかロッカー(クワ、じょうろ、液肥その他の道具入れ)

車が目立つ、部会ならではの光景?

トマト、茄子の苗付け

サツマイモの苗付けを始める

経験者さんは手際が良い!

将来を担う若人もおります

苗床に堆肥を加える

液肥造り 1

液肥造り 2

作業も進みまして・・・

完了

農具の片付け、タワシが無くても 縄で代用・・さすがです

太田さんのメロンハウスも見学させて戴きました

当日の作業も無事に終えまして、「野良着のまま!!」ジャンボゴルフ場のレストランに移り、普段は経験のない作業に話が弾み、参加者全員で楽しく食事をさせて頂きました、ごちそうさまでした。

< 閉じる >